糸ガ咲イタラ布ニナル。手紡ぎ手織りの布仕事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
coojiさんのウェブショップ!
今夜coojiさんのウェブショップがオープンします!
「12ヶ月のブランケット」、今月はどんなブランケットが
登場するんだろうって楽しみにされている方も多いのでは?
もうプレビューできるので、私も早速のぞいてきました。

今月はカシミアのブランケットなんです。
ウールに比べて繊維も細く短いカシミアは
紡ぐのにとても時間を必要とします、
(私なんて自分のマフラー分さえいまだに途中という有様)
また撚りをムラなくキチンとかけておかないと、
たて糸が切れてしまったりするので腕と経験が必要になる素材、、、

紡績のカシミアでももちろん気持ちよいのですが
手紡ぎ手織りのカシミアはまた別格なのです。
触ったらもう手を放したくなくなるんです(笑)
このブランケット、みなさんも要チェックです!
[coojiさんのウェブショップ!]の続きを読む
スポンサーサイト
リネンの煮込み
20060331.jpg

今日は良いお天気だったのでリネン布と糸を染めてました。
ホウロウのお鍋に布を入れて木杓子で混ぜていると
煮込み料理をしている気分。

20060331b.jpg

柿渋でやはり布と糸を液に浸して干しています。
後ろの布がさっきのお鍋の中の布。

あれから化学染料の選択に悩み、
友だちに相談したり染料屋さんに尋ねてやっと購入しました。
買った色は4色です。
でもこれでどんな色でも作れるのが染めの楽しい所です。

染めに関しては揃えたい道具がまだまだあるんですが
できる範囲からやっていきます。
とにかくこれで素材を好きなように染められるので、
とても便利になります。
今織っている布とあわせてコースターやティーマットにしていきます





今日も織る
20060330.jpg

色々新しいパターンを生み出しています。
黒色もようやく手にしました。

規則的だけど自由

自由だけど規則的

重すぎず、軽すぎず

布のかけら
20060329.jpg

「かけら」や「断片」という言葉に
なぜかせつなくも愛しい気持ちを感じて仕方ありません。

「欠け」を複数形にして「かけら」になったのだろうかと
想像すると、布か陶器のかけらを大事そうに
そっと手の平にのせている人の様子が
目に浮かんでくるよう・・・

コースターは私の織る布の断片、
何かを感じて誰かの手にとってもらえますように
おとな味モールス
◇羊毛洗い

◇アローの玉巻き
(久々に手こずり1綛巻くのに昨夜から3時間以上も!)

◇織り

モールスシリーズ、定番ものを作りたくて
考えだしたのですが、昨年よりも今年、
今年よりも来年、せっかくならば少しずつ進化させていきたくて
去年と同じように見えても少々作り方を工夫したり
新しく「おとな味モールス」を考えてみました。
織った布地をみていたら、これはおとな味と名づける!
と思った次第です。
よりシンプルに、シブ可愛い感じ。
赤色
体調が悪い時は黒い糸を使いたい気分になれず
赤に手が伸びます。
色と気持ち、色と体調の関係って不思議。
委ねる
20060317.jpg


写真は好きな風合いに仕上がった部分。
製造中止にショック
化学染料を購入しようと
カタログの最新を送ってもらいみてみると
お目当ての染料の種類が非常に少なくなっており
お店に問い合わせた所、なんと製造中止との事。
そ、そんなぁあ、、、(涙)
去年コツコツと作った150色近くの
カラーサンプルはどうなるの?としばし呆然。

同じタイプの染料を勧められたけど
もう選択の余地なしやんね。

先を見据えた長期的な展望で
息の長い商品を開発してもらいたいと切に願います。
これは自分の作るものにも言えるなぁ、、、
はぁあ、とにかくショックな出来事でした。
20050901.jpg

先生に
今日は1ヶ月ぶりに教室へ1時間ほど顔をだしてきました。
先生にやっと工房からの風に出展が決まった事を報告できました。

自分の与えられた空間を埋めようとするあまり、
チマチマと小さくまとまらないように、とアドバイスをもらい
すごく良い経験になると思うので
頑張っておいでと言ってもらいました。

ジャコブの試織に関しては
縮絨がまだまだ甘いとの指摘を受け
もう1度縮絨し直して、あとは私の判断で
筬目を決め、自宅で織る事にしました。
これは自分で(作れるレベルの)服にして
布の経過をみていくつもりです。

失敗を恐れずにどんどん試していこうと思います。
これでまたしばらく教室は休みます。
染料を
買おうとあちこちネットで探していました。

墨染めと柿渋染めでアローとリネンを
染めてみようかと思ってます。
墨染めはここ で注文してみました。ちなみに墨染めはした事がないです。

今から柿渋を探してきます。

欲を言えば、化学染料も購入したいものがあるのですが
なかなか手が廻りません。
(といいながらただいまカタログ取り寄せ中だったりします)
織りを通じて
20060313f.jpg


人との繋がりが広がっていく事は本当に幸せです。
今日もそんな出会いに感謝した1日でした。
週末は

きのう、今日の2日間で
外に出たのは今日の夕方犬の散歩の時だけでした。
今日は寒かったんだなぁと思いながら
てくてく犬達と原っぱを3周ほど歩きました。

休憩中に時々パソコンをして
それ以外はひたすら作業部屋にひきこもり、
ごはんの用意もせずに没頭できる幸せ。

作業部屋のストーブの前で
手を温めながら気づいた事、
”真面目に取りくめば取りくむほど面白い”
織りの世界には果てがないようです
スッキリと
20060311.jpg


吸入薬のおかげで昨夜は熟睡でき頭もスッキリ。
スッキリした所で浮かんだ模様は
これまたスッキリしたものでした。

赤い花はジュート
白い花はガラ紡綿
アロー
久しぶりのモールス(とは私が名づけた布の柄の事です)を
織り出しています。
定番パターンに加えてもうひとひねり何か考えたいのですが
まだ何にも浮かんできません

今年はアローの一番細い糸を再び購入しています。
去年は中太だけを使っていました。
2年ぶりに細いアローを手にとってみていると
手馴れた熟練のスピナーが浮かんでくるような気がしました。

①細いアローだけで、
②中太だけで、
③2種類を追っかけ杼で、

と3パターンの地でモールスを。
個人的に好みの質感は3番
あさりの貝殻シリーズは
アローで織るといいかもなぁなんて思いました。
睡魔と筬通し
昼食後、睡魔と闘いながら本筬通し。
久々のリネン
夕方から久々のリネンでの整経。
16番手を4本整経で480本。

私が紡ぐ細めの糸はキャメルあたりで7番手ぐらい。
ウールだと大体4~5番手といったところです
なのでとても細く感じます。

その上リネン単糸は、くるりくるりと糸がよじれて
隣りの糸と絡まりやすい・・・
途中で一旦やめて夕ご飯の買出しに。
今日は手抜きご飯に決定!
アサリを選ぶ時
20060302b.jpg


ついつい面白そうな柄で選んでしまいます。
1つ1つの模様をじっくりと眺めていると飽きないです
この色が好き、こんな柄織ってみたい、、、などなど
思いながらジッとアサリを見つめとります。

今日は秋のイベントでお世話になる方と
初めてお電話でお話させて頂きました。
しどろもどろな私の話を聞いては実に明確な
サジェストが間髪入れずに返ってくる事に
驚きながらとてもワクワクした気持ちになってきました。
(もちろん緊張感もあるのですが不思議と楽しいのです)

directorという単語の意味、お仕事の内容を
初めて心から理解できたような気がします。

今日のお話の中でも私にとって耳に残ったキーワードは
「続けていくこと」でした。
どうすればずっと織りを続けていけるのか、、、
自分に常につきまとうある種の悩みのようなものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。