糸ガ咲イタラ布ニナル。手紡ぎ手織りの布仕事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
道具の購入
ドラムカーダーのベルトは
他の注文品と共に今日発送してくれたようでさらにひと安心。

このところ欲しかった道具を吟味していくつか購入しました。
1つは検索でみつけたはかりの専門店はかりやさん で上皿天秤をついに。
20061127.jpg

これで染料もキチンとはかれて無駄なく使えると思うと嬉しい。
写真は陶製のサンタさん、0.5g。
上皿天秤の何が楽しいって分銅をピンセットで
ソロリと置いていく時の
ある種の実験的気分に浸れるところ(笑)

あとは織りの道具です。
伸子とビーター、イタリアンコードとペグ。
今まで特に伸子の必要性にかられた事はなかったのですが
敷物にポイントで模様をいれていくときに
どうしても力が入ってしまうのかだんだん巾が狭くなってしまい
ボツにした事2枚(自分で使っています)

ショールのようにリズムよく一気に織れるものは
巾が70,80あっても意外と狂いもせずきれいに織れるのですが
打ち込みに力がいるし時間のかかる敷物には
私の場合必要のようです。

ビーターは打ち込みが少しでも楽になるかな?と思って試験的に。
筬での打ち込みでは全然足りないのでステンレスの櫛で
1段1段ギュッとつめていたのですが
指が曲がってしまいそうに痛くなるし時間もかかるしで
この夏は本当に非効率的な敷物作りをしていたのです。
高機で水平に織るやり方では
あまり意味をなさないかな?と思いつつ
どんなもんだか早く使ってみたいです
スポンサーサイト
切れちゃった!
carding-ma.jpg


ドラムカーダーでカーディングしていると
突然原毛を吸い込まなくなりローラーが空回り、
あっ!とすぐさま
スイッチを切った瞬間、写真のオレンジ色のベルトが
切れてしまいました・・・ショック。

速攻でメーカーさんに電話をしたところ
たまたま休日出勤されていた方がいて
聞けば代替品があるとの事。
これはもう結構古い型だと思うので
もしかしたら備品の在庫はないかも、、、と
ドキドキしていたので安堵しました。ほっ、、、
いつか・・・
・・・とヤギにナイショで決意した事が1つ。
水面下で行動を起こしいつかきっと
ビックリさせたろ、と思います。ふふふ
ヒナタノオト
20061122a.jpg
クリックで大きくしてみてください。素敵な消印と切手。


お昼ごはんを作っていると
「東京の字の達筆な人から封筒がきとったよ」とヤギ。
(私達の間ではこれで誰だか通じるのです)

テーブルの上に新聞と一緒に置かれていた見覚えのある美しい文字。
12月1日に東京の日本橋で工芸のお店をオープンされる
稲垣さんからでした。
う、うれしー(T-T)
遠方なので案内状希望を言えずにいた私・・・


20061122b.jpg
ヒナタノオト http://www.hinata-note.com

白い封筒を開けると暖かみのあるオレンジ色のカード。

作り手の「土」のような存在になりたくて・・・と
おっしゃる稲垣さんの志のもと
ここはさまざまな作り手や使い手の集いの場と
なっていくのだと思います。

きってもきれない人とモノの関係。
人に会いに、モノに“逢い”にみなさんも
是非訪れてみてください。
ウェブショップオープンしました!
・・・と夕方アップが終わってすぐにここに書き込むつもりが
夕ご飯の支度や体操教室の退会の件で急に外出しなければ
ならなくなったり(とうとう挫折してしまいました(--;)
挙句の果てに家の前で車同士の衝突事故!(私じゃないですよ)
ここは本当に縁起の悪い事故多発ゾーンなのです・・・

せっかく久しぶりのウェブショップなのに
なんて幸先の悪いスタート!とちょっとドンヨリした気持ちで
やっとパソコンの前に座ると受信トレイに「注文書」の文字。
本当に嬉しかったです!
ご注文いただいた方へのお返事は先ほどようやく済みました。
リピーターのお客様、はじめましてのお客様、
みなさん本当にありがとうございました!

今シーズンも無事オープン致しましたので
どうぞよろしくお願い致します!

そして、今回はオーダーフォームのレスポンスが
非常に遅くてアテになりそうにないので
メールでのオーダーにさせてもらった所、
オーダーフォームよりも感想を書いてくださる方が
殆どでこれもまた嬉しかったです。
メールで送るってお客様にはご面倒をおかけしてしまいますが
うちのHPを知ったきっかけや感想を聞かせて
いただけるのは本当に励みになって元気をいただいてます。

この先数ヶ月はまた敷物作りにとりかかります。
布への課題は山積みなので悩み甲斐があります!
それでは今夜も本を少し読んで寝るとします。
おやすみなさい。
時間の速さに
雨でした。
明日の(日付がかわってしまったので今日)ウェブショップに
向けて準備しています。
今回、時間は未定にしていますが
早くても夕方以降のオープンになると思います。

今シーズンは今回のオープンのみになってしまいそうですが
寒い冬を暖かく快適に過ごす為に織った布と出会ってくださる方が
いらっしゃれば、、、と思います。

去年の今頃に書いていたHPのつぶやきを
読み直していたら、まざまざとその時の出来事や
自分の心境が思い出されて、もう1年も経ったのかと
今ここにいる自分は夢の中にいる自分のような気がしてきます。
毎日暮らしていれば大なり小なり色んな出来事は起こりますが、
去年、今年、今日、今、機に向かっていられる事が
ありがたいです。
未脱脂羊毛
思いがけない方から作品展を見に行きませんかとの
お誘いをいただいたので急きょ明日行く事にしました。

陶山千代作品展「未脱脂羊毛を紡ぐ」
http://www.maruzen.co.jp/home/tenpo/fukuoka.html
天神の福ビルなので行きやすいですね。
しかし天神に出るのも久しぶり!

未脱脂といっても汚れと匂いは洗ってとっているとの事ですが
どれぐらいの油分を残しているのか興味が湧きます。
タペストリー作家として有名な方ですが
展示数300点余というのも見ごたえがありそうです。

帰りは1人で平尾に寄り道して
papaKaoriさん、yumitaさん達がされている
のらねこ市
http://papa365.sunnyday.jp/index.html
へ遊びに行こうかと思ってます。
作る人の言葉
これもリバウンドというのでしょうか。
とにかく毎晩猛烈な勢いで本を読みふけっています
借りたり買ったり読みたかった本を片っ端から読める幸せ。

濱田庄司、河井寛次郎の文庫本を1冊ずつ購入しました。
工房からの風の小冊子もそうですが
作る人の言葉には心に響くものが多いです

暮しが仕事 仕事が暮し


美しいものしかない みにくいものはまよい


仕事が見付けた自分 自分をさがしている仕事

   
   (講談社文芸文庫・河井寛次郎「火の誓い」より)


枝や花で勝負するより、根で勝負をしてほしい。
また花の結果を実を結んだ時と思わず、その実が
地へ沈んで来春芽を出した時を答えとして受け取りたい

   (講談社文芸文庫・濱田庄司「無盡蔵」より)

手持ちの本に線をいれるというのは
私の中ではありえないのですが
自分がどんな言葉に強く惹かれるのか、という事を
その時々に抜粋して記しておくと
何か繋がってきそうな気がします。
行きたいです
20061116.jpg


北海道で木彫をされている高橋朝子さんからDMをいただきました。
2006/11/22から東京のGALLERY工 さんにて個展を
されます。

それからcooji textileのアヤさんも明日から個展ですね。
こちらは間・kosumiさんにて。

行けるものならお2人の作品展に足を運んで
気持ちをほっこりと温めたいものです。
こんな時は心底どこでもドアが欲しいと思うのでした・・・



○○○textile
布の活動をする時に今まではそのまま
てくてく堂というHPのタイトルを使っていましたが
もっと単刀直入に「織り」だとわかるように
別に屋号を考えてHPも分離させようと思い
図書館から辞書を借りてきて思い浮かぶ言葉を
ひいているもののなかなかピンとくるものがありません。

鳥の巣が含む意味から”den.textile"とか"nest textile"
後者は若い頃よく行ってたバーの名前とかぶるので却下・・・

羊のイタリア語から”pecora textile"なんかも考えてみましたが
なんか飽きてしまいそうだなぁとか、、、

糸を紡ぎながらひらめきを待つ事にします。


初ストーブ
久しぶりにまとまった雨が降りました。
糸を紡ぐ足元が随分寒く感じるようになってきたので
ルームシューズを履いて
夕方には小さいストーブもつけだしました。
もうしばらく糸紡ぎが続きます。
一体私は・・・
何歳なんだ?と思う事がしばしば。
今日もそんな事を感じてしまいました
自分の考えを即座にパッパっと受け答えできないのを
反射神経のせいにしておきたいようなハズカシさ。
これじゃいかんなー。キリリとした人間になりたいです。

ここのところ、夜は読書にふけっています。
本を読みながらこれから先の事を色々と考えて
ちょっと見えそうな気になったり
全く見えなくなったりしてます

でも最後の最後にたどりつくのは
ごくシンプルに
作り続けていく、という所なのです。
まだまだ勉強したい事は山積みに
あるという事が幸せでもあります。

田島隆夫の手と眼差し
少し前、アヤさん と白州正子さんの話をしていた時に
銀花の特集であった田島さんと白州さんの往復書簡の
事を思い出し、久しぶりに読み返してみようと思っていたら、
このようなHP がある事を知りました。
今、「短歌と裂」のコーナーを少しずつ読んでいる所ですが
こんな風にネットで田島さんの裂を見られるとは思いませんでした。
実物を見るに越した事はありませんが田舎にいるとそのような機会も
なかなかないので大変嬉しいです。

もう1つの発見は以前にここで本を紹介した
鈴木まもるさんのサイト
「鳥の巣クラブ」
http://www.torinosu.com/
まさかこんなサイトが存在しているとは!と
深夜にミクシィのコミュ探検をしていた甲斐がありました・・・
そして、この鈴木さんの事をあつこさん にお会いした時に
是非伺いたいと思っていたのに
すっかり忘れていました。。。かなり悔やまれます。
ゆるナビ
昨夜何気なく観ていたゆるナビ。
岩手のホームスパン工房でマフラー作りの体験だった。
東北って一度行ってみたいなぁと思いながら
みていると次のコーナーになんと
工房からの風でお会いしていた桶の奥谷さんご一家が
登場してビックリしました。
奥谷さんのおひつ、私もいつか欲しいのです。
図書館へ
11月になるというのにまだまだ暖かい本日、
調べたい事知りたい事がいくつかあったので久しぶりに図書館へ。
ついでに読みたい本もあれこれと選んで
貸し出し制限の10冊をあっという間に選択。

お天気も良くヤギも釣りへ行っておらず犬達も静かで申し分なし。
1人お昼ご飯を食べ終わってから
ゴロリと横になって熊谷守一の画文集を
めくりながらいつのまにかウトウトと・・・
至福のひと時でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。