糸ガ咲イタラ布ニナル。手紡ぎ手織りの布仕事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
左藤玲朗さんのガラス
hankyu20omote.jpg

去年、工房からの風で知り合ったガラスの左藤さん
大阪の阪急で陶の作家さんと2人展をされるようです。
夜の懇親会で斜め向かいの席に座っていた左藤さん。
ビジネスホテルに帰る道すがら話していたら
ぼそっと話される一言一言に味わい深い面白さがあって
優しそうな方でした。
奥様は丹波布を勉強中だとお聞きしました。
丹波木綿とガラス、、、相性がよさそうですよね

結婚する時に買ったガラスのコップが
15年後の現在、残り1つになってしまったので
今度は左藤さんのプレーンタイプのコップを揃えたいなぁと
密かに思っています。ネットで買えるところがあるのかな?

薄い薄いガラスは口を切りそうでどうも好きになれません。
左藤さんのガラスは口当たりがとてもよさそうな気がします。
2人展の詳細は左藤さんのHPをご覧くださいね
左藤さん(みてないだろうけど(笑))
お体に気をつけて頑張ってくださーい!!
スポンサーサイト
快晴の両日
きのうの雨がうそのような快晴。
午前中は風が強くて持っていったテントが
倒れてしまい急遽ヤギが買いに行く、といった
ハプニングもあり、大変でしたが
どうにか準備完了です。
斜め向かいにはアヤちゃんがいるのでものすごく心強かったし
実際色々と助けてもらいました(ありがとー!)

今回の展示は1枚のラグ、
椅子敷きとベンチとスツールがメインでした。
毛織でしかもインテリアファブリックとくれば
興味を持ってくれる人はいるとしても購入までは厳しいだろうなと
思いながら臨みました。
しかし、松本に来るお客さんはその考えを吹き飛ばしてくれました。
「もう少し考えて後でまた見にきます」と言って
戻ってきて購入してくださった方が何人もいました。
そして男性の方が実にたくさん足をとめて布をみてくださった事。
皆さんの反応が本当に嬉しかったです。

時間の感覚がなくなるあの場所で初日があっという間に終了。
ヤギはキャンプ場へ帰り、私はかねへんさんあつ子さん、アヤちゃんと4人で夕食、モリモリ食べながら話はつきず
かねへんさん以外の3人はホテルが同じという事もあり
さらにバーへ繰り出し深夜過ぎまで呑んで語らいました。
この2ヶ月の制作中は呑むと眠くなって夜の作業がはかどらないので
“ほぼ”禁酒で頑張っていた分ビールがやたら美味しく感じました。
個々にさまざまな葛藤を抱えつつそれでも真正面から真摯に布作りに
携わっていこうとする姿勢が素敵な人達。
制作中は1人ですがこういう場で自分のその時の心境を素直に
話せる仲間がいるという事でまた前に進むパワーをもらっているのだと
思います。夕食から深夜過ぎまで貴重なひと時でした。

2日目もあっという間に過ぎてしまいました。
じっくりみる時間は殆どありませんでしたが
去年工房からの風で斜め向かいで展示をしていた森文香さん
(いつか九州にも遊びに来てねー)
ヤギの仕事がらみでご縁ができた金工の坂野友紀さん
漆の菅原さんなどの展示をみせてもらいました。

4時を過ぎると片付けだす人がどんどん出てきてびっくり。
遠方の我が家も早めにたたんで帰路につきました。

今回、たくさんの方から差し入れをいただきました。
なかでもひつじさんのおにぎり、本当に美味しかったなぁ・・・
皆様本当にありがとうございました。
怒涛の木曜日、ずぶ濡れの金曜日
出発日の木曜日、いまだ荷造りもすんでおらず
タグをやっと作ろうかという有様、
パソコンが壊れて前回作ったデータがきれいに消失。
復旧後、ワードさえインストールされていない事に気づき
あわあわしながらフリーの名刺ソフトをダウンロードし
どうにかショップカードとタグを作成。

その後はディスプレイに使う什器も全くないので
建材屋さんで長い板切れを数枚購入し
足はヤギのありあまる端材を使うことに。

そんなこんなでどうにか車に荷物を積み込む。
備品9割作品1割といった感じ。布はかさばらないが
布の道具はいちいちかさばるのです。

ようやく出発したのは夕方4時ぐらい。
チワ親子を馴染みの獣医さんに預けてしばしのお別れ。

殆どヤギの運転により翌日の10時過ぎには
長野入り、高速の表示をみていたら”伊那””岡谷”という文字が!
伊那にはイエルカご夫妻が住んでいます。
そうかーこのどこかにいるんだなと思うと
ヤッホーと手を振って叫びたい気分。

岡谷は大好きな童画家の武井武雄の記念館があります。
まさか松本の手前だったとは、これは下りねばいかんと
ヤギに頼んで寄り道してもらう。
この時点で雨はザザ降りだったけれど駐車場にヤギと犬を残し
私だけ嬉々として堪能してきました。眼福。

松本に着いたのはお昼過ぎぐらい。
なんだか車がやけに多い街。
すごい雨だけれど公園の下見だけはしておこうと思いましたが
駐車場はどこも満杯でしかも秩序のないとめかたに
ヤギと私はだんだんイライラ。
犬2匹も雨に濡れてかなり嫌そうな顔をしながら
雨でぐしょぐしょになった公園内の地図を握り締め
ざっと一周。
この時点で展示場所は人通りが多そうな場所というよりは
いかに道路から近くて荷を運ぶのがラクかという観点で
探してました。ヤギは風邪ひいてるし
ズブ濡れの犬に申し訳ないと思いながら
明日もこの天気だったらもう展示せんと帰りたい、、、と思うぐらい
気持ちがどんよりしてしまいました。

選考に通過した時点でイベントの2日は絶対に晴れると
思い込んでいた私は雨対策も考えてなかったけれど
ヤギに促されて
近くのジャスコでカッパや透明のポリ袋を購入。
(ここのジャスコの駐車場のとめ方もまたひどかった)

私だけホテルに泊まるので送ってもらう道中も
街の交差点の信号は消滅しおまわりさんが手信号で誘導、
「この街の交通事情はひどすぎるな」と
温和なヤギがキレるほどでした。

チェックインしてドベドベのジーンズを干して
シャワーを浴びてやっと生き返り
小腹が空いたのでフロントで食べ物やさんの地図をもらい
ぶらぶらと散策。松本城のすぐ近くのおそばやさんで
温かい鶏南蛮を食べてようやくほっ。
(この頃キャンプ場でヤギが悲惨な思いをしているとも知らず(笑))

夜、アヤちゃんがチェックインして
久々の再会にテンションがあがる。
天気予報も快晴とのこと。
数時間話しこんで就寝。
クラフトフェアまつもと
松本でのイベント、2日間とも良いお天気に恵まれ
本日帰宅しました。
お世話になった皆様、お買い上げくださった皆様、
本当にありがとうございました。
早速、HPの方に今回の布とイベントの様子を
アップしていますのでご覧になってみてください。
前日入りした金曜日からまたボチボチと更新していきます
そろそろ出発します
ふー。ようやく出発の準備が整いました。
ちょっとした民族大移動といった感じの荷物の多さですよ・・・

犬が9歳と7歳のシニアコンビだし
ヤギはタイミング悪く風邪っぴきで体調悪そうだしで
早めに出発してのんびり目的地まで向かいます。

こちらのお天気は快晴も快晴、真夏のような暑さです。
このお天気一緒についておいでー!

それでは行ってきます。
ありがとうー!
パソコンで経過を綴る気持ちの余裕も
なく展示に何が必要かなんて準備もまだ全然してなくて
ギリギリまで布を織るつもりです。
準備期間2ヶ月でこれだけやればこれだけ織れるんだ、紡げるんだ、というのがわかった事がとても大きい収穫です。

敷物、、、制作がもっと安定してくれば今回以上に作れる、という
自信がでてきました。


それから身に纏う布と敷物を作る感覚は
ガラリと切り替えていいんだって事も
すごく感じています。

遠方組な私は木曜日の午後あたりにこちらを出発します。
佐賀から松本まで約1000km。
予定していたヤギとアルフプラスつむぎもお供に加わり
2人と2匹で向かいます。

金曜日に向こうでアヤちゃんと合流予定。
色々親切に教えくれてすごく助かってます。
私はアヤちゃんと同じホテルで
犬連れのヤギは少し離れたキャンプ場に宿泊します。

ほかにもほんとに色んな人のあったかーい気持ちを
感じてジーンとしてます。
(最近涙腺ゆるみっぱなし)
松本でお会いできるみなさん、本当に楽しみにしていますね。
私、織りに出あえて本当に良かったと心から思います。
それではまた作業に戻ります。




夢の中で冷や汗
今朝はひと足先に夢の中で松本へ行ってました。
例によって内容は到着してから自分の作ったものを
車に積み忘れていて冷や汗タラリ、
顔に青線がサーッというものでした。
なぜかヤギがフード部門で懐石料理を出す事になっていて
私は自分の作品は1つもなくて
泣く泣くお運びさんをしていました・・・

目が覚めて・・・夢でよかった!!!と
朝からヘナヘナしました。
それでも去年の工房からの風の前にみていた
悪夢の回数を思えば今回はこれで2回目なので
可愛いもんです(笑)

起きてからはいつも通りに作業をしていると
ポストに事務局から当日の搬入に関しての書類が
届いていました。
駐車券なくしそうなので洗濯バサミで
大事にぶらさげときます。


嬉しい勘違い
今日は土曜日土曜日。
きのうの時点でなぜか“5日の日曜日”だと勘違いしていた私。
カレンダーは進行表がわりに色んな事を書き込みしていて
毎日みているのにどこで感覚がおかしくなったのかなー
おかげで予定より遅れていると思っていた
作業が半日ばかり先行しているという事がわかって嬉しくなる。

あ、そうか、このカレンダー日曜日はじまりで土曜日が一番右に
あるってのも勘違いの1つかも。曜日の感覚はどこでズレたかね

今の時点で思うことは
紡ぐペースをもっともっとあげねばということ。
敷物はとにかく欠食児童のようにバクバクと
糸を食べてしまう感じで消費の仕方が
半端じゃなくておっつかない状態。

打ち込みに体力使うので夜は死んだように熟睡してますが
私の織る敷物がこの先どんな風になっていくのか
自分の事でありながら楽しみになってきました。
敷物に関しては全く手探りの状態でスタートしているのが
逆に良いのかもしれないとも思ってます
少しずつ色んな事を掴んでます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。