糸ガ咲イタラ布ニナル。手紡ぎ手織りの布仕事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
道具の購入
ドラムカーダーのベルトは
他の注文品と共に今日発送してくれたようでさらにひと安心。

このところ欲しかった道具を吟味していくつか購入しました。
1つは検索でみつけたはかりの専門店はかりやさん で上皿天秤をついに。
20061127.jpg

これで染料もキチンとはかれて無駄なく使えると思うと嬉しい。
写真は陶製のサンタさん、0.5g。
上皿天秤の何が楽しいって分銅をピンセットで
ソロリと置いていく時の
ある種の実験的気分に浸れるところ(笑)

あとは織りの道具です。
伸子とビーター、イタリアンコードとペグ。
今まで特に伸子の必要性にかられた事はなかったのですが
敷物にポイントで模様をいれていくときに
どうしても力が入ってしまうのかだんだん巾が狭くなってしまい
ボツにした事2枚(自分で使っています)

ショールのようにリズムよく一気に織れるものは
巾が70,80あっても意外と狂いもせずきれいに織れるのですが
打ち込みに力がいるし時間のかかる敷物には
私の場合必要のようです。

ビーターは打ち込みが少しでも楽になるかな?と思って試験的に。
筬での打ち込みでは全然足りないのでステンレスの櫛で
1段1段ギュッとつめていたのですが
指が曲がってしまいそうに痛くなるし時間もかかるしで
この夏は本当に非効率的な敷物作りをしていたのです。
高機で水平に織るやり方では
あまり意味をなさないかな?と思いつつ
どんなもんだか早く使ってみたいです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。