糸ガ咲イタラ布ニナル。手紡ぎ手織りの布仕事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夕焼けの色
20070729c.jpg

おとといからフリース洗いと染めを平行してやっていました。
今年の2月にも書いた茜染め、ようやく再開です。

くさかんむりに西と書いてあかね。
言葉の響きはたぶん「赤根」からだろうな
誰かが西の空に沈む夕日や夕日に染まる雲をみて
「茜」という、こんな素敵な漢字を思い浮かべたのかもしれないな

・・・と思ってしまうような色が染まりました。

燃えるような夕焼け色と穏やかな夕焼け色。
1kg近く染めたのですがもっともっと染めたくなってきました。

原毛染めをする時は丸1日から
翌日に持ち越すぐらい時間をかけます。

羊毛にできるだけダメージを与えない為に
極端な温度差は厳禁。ゆっくりと温度を上げ、
ゆっくりと温度を下げ、といった具合。

インド茜を煮出していると体の内側からググッと力が
湧いてきます。匂いも好き。
6煎まで抽出しても根にはまだ余力が残っている様子。

時間をかけているものは全て良いものだ、とは
言えないし言うつもりもないけれど
かかるだけの時間をかける必要があるものには
惜しみなく時間を注ぎ込むだけの必然性が
ちゃんとあるように思います。


草木染めも化学染めもどう使いこなすかは
自分の裁量次第。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。