糸ガ咲イタラ布ニナル。手紡ぎ手織りの布仕事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう1台の活用法
20060205b.jpg


去年、電動ドラムカーダーと一緒に
我が家にやってき電動紡ぎ車。
両方とも思いがけない縁に恵まれて手にしました。

NZでは中古品の事を「2nd hand」と言い
そういうお店がたくさんありました。
「used」という響きよりも私にはしっくりきます。
私が使っている機道具は2nd handのものが結構多いです。
誰かの手から私の手へ縁あってやってきた道具、
道具がきっかけに新しい展開になったり
した事もあります。

道具はものいわぬ友だち、何度も書いてしまう大好きなこの言葉
使う道具によって生活が変わる、時には人生が変わる。
大げさなようだけど本当だと思います。
特に必要とはしていなかったのですが
使いだしてみると電動には電動の良さがあると思います。
まず高速回転なのでカシミア、キャメルなどは
非常に紡ぎやすいです。
通常、単糸ばかりで双糸は作りませんが
足踏みで紡いだ単糸を拠りあわせる時にも
重宝してくれそうです。

紡ぎ車が2台になった事で
今は足踏みでウールを、電動でカシミアを少しずつ紡いでいる所です。
今シーズンではショップに出せるまでに至りませんでしたが
手紡ぎのカシミアの風合いは極上だと思いますので
数は少なくても来シーズンには出せるいいなぁと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。