糸ガ咲イタラ布ニナル。手紡ぎ手織りの布仕事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
房始末
今日は朝から椅子敷きの房始末をしているんですが
1本ずつ布の中にいれこんでいく為に
1枚を仕上げるだけでもすごく時間がかかります。

というわけで、知恵の輪をとくような感覚で
「房始末の時間を半分に短縮する方法」を
考えていたら、1本ずつではなく2本ずついれこむようにすれば
単純に考えて半分になるじゃないかという事にまず気づき、
でも2本ずつだと1本は目落ちするのでそこをどうするのかという事を
考えていてそれをクリアする為の方法がやっと思い浮かんで
うおーと軽く1人で興奮しています(笑)

ちょうど最後の1枚の房始末に入ってしまったので
今回は間に合いませんでしたが部分的に試してみたら
いけそうな感じです。
気づいてしまえば、どうしてこれに気がつかなかったんだろう?と
思うのですが、ああだこうだと考えながら
自力で気づけた事は簡単な事であっても嬉しいものですね。

ここをこうできたらもっと良くなるのにな、、、という気になるポイントが
いくつかあって解決方法をよく考えているんですが、どうにかしたい所は
どうにかできる方法が必ずあるような気がしてきました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。