糸ガ咲イタラ布ニナル。手紡ぎ手織りの布仕事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪・orioriさんにて羊談義
20081013.jpg


20081013b.jpg



20081013c.jpg


きのうは今年の松本で知り合った大阪のひつじびとさんを
訪問してきました。
谷町六丁目にお店を構えるorioriの洲崎英美さんです。
このお名前にピンとくる方はきっと多いのではないでょうか?
そう、現在スピンハウスポンタさん発行のスピナッツにて
「一枚のフリースから」という連載をしてらっしゃるあの方なのです!

大阪という事もあり、帰省した時には是非伺わせていただこうと
思ってずっと楽しみにしていました。

地下鉄谷町線の谷町六丁目でおりて3番出口を出て
すぐ左手の細い道に入って歩いて10秒ほど。

懐かしい佇まいの町家の1軒を改装したお店の中には
色んな作家さんの作品が置いてあって
その奥に洲崎さんのアトリエがあり、とても素敵です。
ものすごく耳に心地よいBGMを聴きながら
(トム・ウェイツだと教えてもらいました)
早速目についた糸綛を触らせてもらい羊トークの始まりです。

松本ではゆっくりお話できなかったので
初対面と変わりないような気もしていましたが
共通項があるというだけで人はこんなにもうちとけあえる
ものなんだろうかというぐらい
話は弾むし、とにかく居心地が本当に良くて、途中で
今日佐賀に帰るのやめよっかな、、、と考えてしまうぐらい(笑)
後ろ髪をひかれる思いで(それでも気づけばお昼からお邪魔して
夕方まで居座ってしまいました、スミマセン)
お店を後にした私でした。

洲崎さん、お仕事中にも関わらず楽しい時間を本当にありがとうございました。
これから大阪へ帰る楽しみが1つ増えました!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。