糸ガ咲イタラ布ニナル。手紡ぎ手織りの布仕事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウールは生きている
20081115b.jpg
近頃は電話で来年の打ち合わせがポツリポツリと
始まっていて1年の速さをまたもや実感しています。

きのうから年に1度の本の整理をボチボチはじめています。
量はそれほどではないのですが
一度古本屋さんになってもう手元には必要ないけれども
誰かに読んでもらいたい本を並べて売ってみたいという願望があります。

ついでに作業部屋の片づけも少しずつ。
そんな途中に久しぶりに手にしたのがこの新聞記事。

ウールは生きている

まさに私もフリースから手にかけての紡ぎ織りを始めてから
同じ事を思っているのでこの見出しだけで
嬉しかったのと科学的な視点からのウール礼讃の内容も
興味深かったので残しておいたのでした。

需要としては残念ながら合成繊維に追いやられてしまい
落ち込んでいるようですが
ウールに魅せられてしまった者の1人として
微力ながらもその良さがダイレクトに伝わるような
布を織っていきたいしその為に織る力をもっともっと
身につけなければとも思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。