糸ガ咲イタラ布ニナル。手紡ぎ手織りの布仕事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あけずば織り
昨夜放送された上原美智子さんの特集の感想をば。

1本がわずか3デニールという目に見えないような
細さの絹糸を整経する上原さんの
神経を張り詰めた、だけど力の抜けた手の動きの美しさ、
それを背後から両手をギュッと握りしめて
食い入るように見つめる娘さん
対照的な2人の姿がとても印象的でした

私が上原さんの年齢になるまでちょうどあと20年。
20年後の私はどんな布を織っているんだろうか

上原さんのあけずば織りのように
ひと目でその人の布だという事が顕著でありながら
自我は昇華されてしまっている布。
そこにたどりつくまでにどれほど
自分自身と対峙されてこられたんだろうかと思いを馳せ
1つの理想をそこにみたような気がしました。

ほんとに素晴らしかったです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。