糸ガ咲イタラ布ニナル。手紡ぎ手織りの布仕事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天秤機始動開始
20070121.jpg


機が届いてはや1ヶ月。
ようやくきのうからこの機の始動開始です
多綜絖なのに開口がスムーズだという事に
感動してしまうのはずっとろくろ式を使っていたからこそ
感じるのかも。

手持ちの本によるとヨーロッパでは昔から広幅のテーブルクロスが
家庭で織られていたので経糸の開口をいかにスムーズに
行えるようにするかという情熱が使いやすい織機を
育ててきたのだろうという事でしたが、確かに納得です。
気候風土が違えば織る布も違い、それが使う道具にも
大きく影響してくるのだなぁと感じる一文でした。

初代の機は65cm巾2枚綜絖2本踏み木
2代目は80cm巾4枚綜絖6本踏み木
3代目は90cm巾8枚綜絖8本踏み木

私のものいわぬ友達はヤドカリのようにだんだん
大きくなっていってますが
糸を紡いだり布を織るって道具と一体化してこそ、、、という
所があるので、3代目とも早くそうなりたいものです。
できたー!
20060427.jpg


今日は午前中に集中して
3枚目ようやく機からおろして房の始末をして完成(ホッ)

写真は裏側を撮ったものです。

3枚それぞれに表情の異なる敷物に
なんらかの反応をいただけるだろうか、、、
それが楽しみでもあり不安でもあり
3枚を並べて、落ち着けわたしーと深呼吸。
紡いで紡いで
椅子敷き用に糸紡ぎです。

ふと、アヤさんが来た時に見せてもらった
右手で原毛を持つ方法で紡いでみました。
(私は左手で原毛を持ち糸を紡いでいます)

すると、いつもの作業ではない方法に
右手も左手も順応せず、全然気持ちよく紡げないのです。
・・・すぐにあきらめました(^^;
慣れというのはすごいですね、左手に持ち替えた途端
再びスイスイと紡いでいる私の手。
これに懲りず時間に余裕がある時に
またチャレンジしてみるつもりです
チクチクと
返し口を縫いはじめました。
12m整経分はまだ織り出せていませんが
本筬通しまでは完了しています。

5月2日から千葉へ行きます。
らふとさんでのイベントは3日からなのですが
2日は工房からの風の参加者の方々との
2回目の交流会が開かれるのです。
3日初日もらふとさんに半日ぐらい
いさせてもらおうかなと思っていますので
とにかく色んな人に会ってまた良いエネルギーと
刺激を充電してこようと思います。
整経
再び布を織る準備に入ってます

整経長12m 巾1尺1寸

巾は鯨尺で考えますが
長さはメートルで考えてます。

今や、作業部屋は手狭になってしまい
床巻きできる場所もなく
たて糸の巻き取りは機のこっちとあっちを
行ったり来たりです。


織りおろし
織り下ろして糸始末、布のチェックをして水通し中です。
機の足元はワタボコリがモワモワたまってすごいです
整然とした状態の作業部屋なんて1年の内に何日あるかな?
今日は久しぶりに掃除した気がします・・・
リネンの煮込み
20060331.jpg

今日は良いお天気だったのでリネン布と糸を染めてました。
ホウロウのお鍋に布を入れて木杓子で混ぜていると
煮込み料理をしている気分。

20060331b.jpg

柿渋でやはり布と糸を液に浸して干しています。
後ろの布がさっきのお鍋の中の布。

あれから化学染料の選択に悩み、
友だちに相談したり染料屋さんに尋ねてやっと購入しました。
買った色は4色です。
でもこれでどんな色でも作れるのが染めの楽しい所です。

染めに関しては揃えたい道具がまだまだあるんですが
できる範囲からやっていきます。
とにかくこれで素材を好きなように染められるので、
とても便利になります。
今織っている布とあわせてコースターやティーマットにしていきます





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。